問題解決

「ウチの経営陣は現場を全く分かっていない」にはそうなる構造がある

前回のブログで、「「上が現場のことが分からない」というのは、そうなる構造があると思った方が良い」と書きました。
「上が現場の実態を理解していない」現場からすると結構イライラすることもあるでしょうね。(しかも、上にそれを指摘すること自体勇気がいります(笑))

ただ、それに対してイライラしても仕方ありません。
これには「そのようになる構造」があります。

会社には「階層(ヒエラルキー)」というものがあり、その階層を辿って上に情報が報告されます。
階層を経て報告されるということは、必ず途中で「情報の集約・要約(summarize)」というものが存在します。

では、”集約・要約”とは何でしょうか?

これは単純です。「無駄な情報を捨てること」。

では、「無駄」とは誰が判断するのでしょうか?

これも単純です。「報告者」です。

つまり、報告者は「今、ここでこれを言うべきか?」という情報の取捨選択を行い、上に報告するわけです。
となると、必然的にトップまでの階層が増えれば増える程、途中の中間報告者の数が増え、その度に「情報の取捨選択」が発生します。場合によっては「エッジが全くない報告」か「色んな人が色んなコトを入れ込んだ、グチャグチャな報告」のどちらかになりがちです。

しかも、それらには殆ど悪意というのは存在しません。むしろ善意の塊で有ることの方が多い。

だからややこしいんですね。

「今、これを報告すると問題が複雑化して混乱してしまう。シンプルにするために今言うのは止めておこう」という善意の判断が一番多いかもしれません。その善意の判断は、報告者が考える善意の判断でしかありませんから、意思決定者や現場にとって必ずしも善意とは限りません。

みなさんもやったことありませんか?

「今、いうのは止めておこう」

これがまさに「情報の取捨選択」そのものです。
これらが組織のあちこちで起きているのです。

このように、階層が増えれば増える程、情報の集約・要約が行われますから、必然的に重大な事象以外は情報がそぎ落とされて伝わります。上位層はその情報から仮説を立てて、質問をするのです。

これが悪い方に進んでしまったのが、「隠蔽体質」とか「官僚体質」と言われるものです。

では、「ストレートに報告すれば良いじゃないか」と思うかもしれません。

しかし、全ての情報を上に上げたとしたらどうなるのでしょうか?

上位層は情報の海に溺れてしまい、却ってスピードが落ちてしまいます。
それだと非効率極まりないですし、そもそもそれでは「組織」的に動いていることになりません。
分業は「効率性」や「専門性の向上」「分業」などを目的としてやっているに過ぎません。

この文章を読まれる方は新入社員以外の方が多いでしょう。
例えば、新入社員からいちいち全部報告を受けたら、みなさんイライラするでしょう?

「そんな些末なことはどうでもいい」

しかし、新入社員には「些末か重要か」なんて判断つきません。だから「念のために」全部伝えているだけなのです。

ですから、そもそも「現場の全てを事細かく知る」ということ自体が、組織である限り無理筋な話なのです。

むしろ「うちのトップは現場の細かいことまで把握している」というのは、本当に詳細に理解しているとすれば、それは分業制が上手く機能していないか、昔の経験がそのまま生きているだけに過ぎない(昔と今とビジネスが変化していない)ケースか疑った方が良いです。

「現場の気持ちを理解する」ことと「現場の細かいことまで理解する」はそもそも異なります。ここは一緒くたにしない方がいいです。

一番怖いのは、「いざというときに、細かく把握できないこと」なのです。

「上には要約して報告するが、いざとなったら細かいことをいつでも把握できる」これが一番良いわけで、「いつでも出せる」ということを目指したいもの。

情報の海に溺れるのは、上だろうが下だろうが関係ない話であって、あくまでも情報の蓄積、要約、報告の問題なのです。

ピックアップ記事

  1. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進
  2. 求人ページ専用のページを追加しました
  3. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました

関連記事

  1. 問題解決

    「苦労」は自らするにはいいかもしれないが、他人にさせるものではない

     工場の設備であったり、様々なシステムの操作や構築を自由自在に行うた…

  2. 問題解決

    「そこはボールをすくうように軽く!」ってできたら苦労しません

     「ここで、あれしといて」「OK」 時々ビックリするほどあうんの…

  3. 問題解決

    貢献意欲「だけ」に支えられる現場は危ない

    日本の工場の現場を見る時に、本当に感心するのが「貢献意欲の高さ」です。…

  4. 問題解決

    「仕組み」は作ったときには既に古い

     これはITに限らず、組織における全ての仕組みについてのお話しです。…

  5. 問題解決

    偽装は人の問題なのではなく、そうなる構造が問題

    前回のブログで「報告偽装」について触れました。「偽装」というと…

  6. 問題解決

    省人化って本当に効果あるのでしょうか?

    ちょっと刺激的な投げかけかもしれません。「効率化」の文脈で「省…

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. テクノロジー

    ITによる高度化は実は「働き方改革」「コスト削減」対策なのではない
  2. テクノロジー

    内部だから安全ということはない
  3. ワークライフ

    働いている人を徹底的に楽にしよう!
  4. 問題解決

    「もったいない」がコストを増やすパラドックス
  5. 問題解決

    「オレIT嫌いやねん」
PAGE TOP