テクノロジー

ITは人の能力を最大限に引き出す最強のツールである

 お仕事をしていて「役得だなぁ」と思えるのが、様々な優秀な方にお会いできること。

本当にありがたいですね。勉強ばかりさせてもらっている感じで、何とかお返しができないものか?と日々七転八倒しています。

 色んな方にお会いして、ずっと活躍し続けている方々に共通するのが「すごい熱量」です。

 もちろん一見クールな方もいらっしゃいますが、それは表面上なだけで実際話をしていたり、一緒にお仕事をすると「絶対に諦めない」とか「必ず実現したい」という想いを感じることがとても多いです。

 「仕事は仕事、プライベートはプライベート」という考え方ありますね。私もそういう考えに賛同できることも多いです。

だから「仕事は淡々と」という考えもあるかもしれません。ワークライフバランスっていう言葉もあるくらいですから。

が、人は感情的な生き物で、そうきっちり分けられない時もあります。

 最初はクールにやっていても、だんだんだと思い入れが入ってきたり、何らかの誇りみたいなものがでてくることだってあるでしょう。あと、いい加減にやっているのを見ると、カチンとくることもあるかもしれません。

それが感情的な生き物である人間ですから、何ら不思議ではない行動です。

 その「色んな熱量」ですが、これはこれで何故出てきたのかは、本当に人様々。

 責任感からくるものもあるかもしれません。

 技術が好き、会社が好きというのもあるかもしれません。

 または成果を出したいというところからでてきたことかもしれません。

 その「熱量」が出て、それが伝播しているチームはやっぱり強いです。

 なにせ、自分たちの会社や設備や起きていることに興味のアンテナが立っているから、どんな情報もどんどんと吸い取りますし、何より行動が速いです。

 興味だとか熱量というのは、チームにとっても個人にとっても最強のカンフル剤ですね。

 あえて、自分で自分に反論してみると

 「興味を持たないといけないのか?淡々とやっちゃだめなのか?」

 私は100%ダメだとは思いません。

ただ、淡々とやるということは「何らかの基準に則って作業を進める」ということでしょうから、実はこれこそが仕組み(IT)で代替できてしまう仕事だったりするんですね。

 しかも、興味が無く淡々とやると「例外」ということに無頓着になってしまうことが多い。

つまり、自分の見ている範囲でしか判断しなくなります。

 人って面白いです。

 まさに例外というのは、(定義さえしてしまえば)ITが一番得意な分野なんですね。

だから、淡々とする作業こそIT化してしまえばいい領域で、人間ってそうずっと緊張感が続く生き物でもないです。(人間は疲れます)だから、実は人に優しいやり方だとも思っています。

 一方、熱量が高いとか熱中するというのは、時には「勢いだけ」でやってしまうこともあります。

ただ、設備は自然科学に基づいて作られているので、流石に自然科学を無視して勢いではできません。

 なので、「淡々に」というよりも「冷静に」という言葉がいいのかもしれませんね。

 熱くなるだけでは、問題解決はできません。しかし、クールなだけでも問題解決できない。

なかなか難しいですが、冷静に考えるにはITをうまく使えば良い。それは自分の熱い想いを実現したりすることを手助けすることができると思っています。

 私は人にはすごい能力があると思っています。

色んなことを企画したり、構想したり。その過程で熱くなったり、感情的になったり。

 しかし、最初からずーっと熱い気持ちを持続するのは正直大変です。途中で上手く行かなくなると、人は凹んでしまうし、疲れてしまうこともあります。

 ITは、「ずーっとやると疲れる」「何でもかんでもやらないといけなくて、嫌になってしまう」そんなことを防いで、手助けしてくれるのがITの存在であるとも思っています。

 ITは使い方をうまく考えると「人が人でしか出来ない能力を発揮することを手助けをする最強のツール」になるし、AIEの仕組みもそれが根底思想としてあります。

ピックアップ記事

  1. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました
  2. 求人ページ専用のページを追加しました
  3. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進

関連記事

  1. テクノロジー

    ベンダーのせいにするとベンダーが儲かる謎

     「うちのシステムは使い勝手が悪くて」と言って、よく情報システム部門…

  2. テクノロジー

    事件は現場で起きているけども、現場以外も見ないと偉い目に遭う

     「事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!」…

  3. テクノロジー

    手法ありきで考えると、「アジャイル」は単なる「迷走」になる

     「アジャイル」という開発手法がありますが、色んな定義がありますね。…

  4. テクノロジー

    「業務→IT」ではない「業務=IT」です

     手作業でやっているような業務を自働化するということは、未だに多いの…

  5. テクノロジー

    「使えるようになってから使う」では遅い

     先日、AIで国内トップと言われる某研究室で初心者向けトレーニングを…

  6. テクノロジー

    東京オリンピック決定から何が変わったか?

     1年後に東京オリンピックだということを、NHKの番組で知りました。…

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. 問題解決

    ITを入れるのは、組織を変えること同じ
  2. テクノロジー

    得意分野が違う同士喧嘩しても何も産まれない
  3. テクノロジー

    論理と情理
  4. テクノロジー

    標準化って「人の工夫」をないがしろにするんじゃない?
  5. 問題解決

    インフラこそ本当は戦略部門
PAGE TOP