ワークライフ

手書きの履歴書が必要な理由がどうしても分からないので止めました

 先日3月1日に新卒の採用活動(学生から見ると就職活動)が「解禁」されました。

 中島工業とAIエンジニアリング株式会社も中途・新卒ともに採用をしているので、3月1日、2日と大規模イベントに参加してきました。

 ウチの会社は別に企業団体に入っているわけではないので、別に採用をいつしようが関係ないのですが、イベントなどが3月1日から大々的に開催されるので、多少なりとも影響は受けます。

 「解禁」といっても法律で決められているわけではないので、経団連の会員企業の「自主的ルール」という枠組みの中で行っています。自主的ですから、また今は人不足ですから、まさに「あの手この手」で採用のルールを超えるような活動を会員各社も行っているのが現状です。

 こういう採用というのは、受ける側にとっても採用する側にとっても切実なので、自ずから競争が過熱するのは普通のことでしょうね。

 ただ、受ける側(学生)の方々にとっては企業側の情報を知るといっても、表向きの情報ではなく「ホンマはどないなん?」というのが見えません。それ故に不安になってしまうことも多いのかもしれませんが、その不安に乗じたのか、それが加速させたのか知りませんが、「お受験が過熱した」ような状態になります。

 例えば

・3月1日から解禁になるということで、就職ナビサイトの登録が2月28日深夜からカウントダウンされ、サーバーの負荷が異様にかかる(Twitter上でも見ているとお祭り状態です)

・「就活のマナー」という名の下に、不思議な「マナー」が流布される(何故か、みんな同じような柄のスーツ・ネクタイ・コート・髪型。ノックは●回などなど)

・「手書きの履歴書がいい」って言われている(ホンマか?)

・面接本(昔からありますが)に出題会社名が列記されていて、質問に対する「模範解答」が掲載されている。

 私は学生の頃(ちなみにバブル崩壊世代です)から、こういう一律で何かをやることに気持ち悪さを感じていたので、「人は人、私は私」と行動していたので気にならなかったのですが、いざ採用する側の立場になった途端に当時の気持ち悪さが一気に押し寄せてきました。

 これは学生側が不安になるというのもあるのかもしれませんが、それ以上に我々企業側がきちんと信じてもらえるような努力が足りないと強く思っています(最近の若い者は議論とも繋がりますが、若い者は環境適合してこうなったわけで、その環境を作ってきたのは大人なんですよね)

 ということで、中島工業とAIエンジでは

・エントリーシートも廃止しました(作文大会はいらない。その人を知る参考になるけども、別にそれ以外の方法でもできる)

・手書きの履歴書も廃止しました(今、21世紀です。手書きである必然性が分からない。その人を知ることは別に手書きじゃなくてもできる)

・スーツ義務も廃止しました(別にその人を知るのにスーツである必要は無い)

・1次→2次→3次という順番も柔軟に変えます(平社員から社長まで順番に積み上げる必然性がないし、そもそもスピード感がない)

・採用でも就職でもない。あくまでも「相互理解」

というようなスタンスでやってます。

 以前に「1週間も続ければ『伝統』になる?」と書きましたが、大学を卒業する→一斉に就職活動に走る というような行為がもう何十年もやっていると、どんどん「伝統」化して、それが独り歩きしてしまうのかもしれません。

 私たちは環境が変わろうとしている中で、色んな問題解決をしている集団です。

採用についても「ホンマにそれいいの?」という問いを立てながら動いています。

 学生のみなさんは「どうせやるなら楽しまな損」くらいの前向きなスタンスでやってください。

これはお見合いと一緒です。世の中には本当に沢山の会社があります。あれだけあると、ご自身が「いい!」と思える会社が見つかると思います。

ピックアップ記事

  1. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました
  2. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進
  3. 求人ページ専用のページを追加しました

関連記事

  1. ワークライフ

    新しく社会人になられるみなさまへ

     今日は4月1日。遅くなりましたが、今日から社会人になられる方、よう…

  2. ワークライフ

    意思決定者のみなさーん、あなたは「そのアイデアのターゲット」ではないかもしれませんよ

     先日、会社で若手からある仕組みについて、アニメを用いたプレゼンを受…

  3. ワークライフ

    求人が殺到している時は個人にとっても実は危険

     先日、あらためて文部科学省の「理工系人材育成戦略」のペーパーを読み…

  4. ワークライフ

    「完璧」を保身のためにしても保身にはならないパラドックス

     「ITは完璧じゃないと動かない」と言いますが、ホンマですかね?とい…

  5. ワークライフ

    ワクワクや驚きがあるというのは、やっぱり強い

     数ヶ月前のPayPay騒動など、様々な会社が様々な決済手段の提供を…

  6. ワークライフ

    ぱーそなりーすぴーきんぐ?

     昔から使っていつつ、面白い表現だよねと思ったのが「個人的な意見」と…

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. ワークライフ

    ぱーそなりーすぴーきんぐ?
  2. 問題解決

    「もったいない」がコストを増やすパラドックス
  3. 問題解決

    省人化って本当に効果あるのでしょうか?
  4. ワークライフ

    専門家が分析して、素人が判断する
  5. ワークライフ

    「昔は変化が遅かった」って本当?
PAGE TOP