ワークライフ

「完璧」を保身のためにしても保身にはならないパラドックス

 「ITは完璧じゃないと動かない」と言いますが、ホンマですかね?というお話です。

 「ITの完璧」というのは、別にITに完璧なんてなくて、「動かない」とか「エラーを返す」というのも、ロジカルに命令に従って値を返したにしか過ぎません。

 つまり、「完璧」というのは、実際は人間が定義する「完璧」のレベルでしかなく、ITはあまり関係なかったりします。

 となったときに、人が定義する「完璧」というのは「要件の定義」と思って頂いて結構です。

 つまり「完璧」にもレベル感があるのですが、「全部全て完璧に」ということは美しいようにも感じる反面。どれくらい時間がかかるのか?ということも同時に考えておかないと、「いつまで立ってもリリースされない作りかけの無用の長物」になってしまいます。

 突き詰めるというのは、姿勢としては私は美しさを感じますし、シンパシーを感じます。

 しかし、それは趣味・嗜好の世界になってないかという冷静な問いも必要です。

 求めるレベルが高いのは悪いことではありません。

 しかし、それは本当に「趣味・嗜好」「高いレベル」が目的なのかも怪しい時があります。

 そう、サラリーマン世界でよくある「文句を言われないように、全部の要件を入れ込む」という奴です。

 そうなると、複雑怪奇なシステムができあがります。システムというは、常に変化し続けるものであり、複雑怪奇なものができあがると、どんどん変化対応ができなくなってしまいます。

 作るのはアホほど時間がかかり、お金ももの凄く金がかかる。作ったら作ったで変化に弱い。

 誰も幸せになりません。

 自分がかわいいのは事実ですが、保身がスピード感を削ぎ、引いては会社を危機に陥れることだって充分あるのです。というか、できあがったシステムや仕組みを高い評価なんて誰もしてくれない。結局は保身すらできないのです。

 もうそんな不幸の再生産はやめましょう。

ピックアップ記事

  1. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進
  2. 求人ページ専用のページを追加しました
  3. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました

関連記事

  1. ワークライフ

    ノウハウを囲い込むとノウハウが溜まらないパラドックス

     みなさん、Githubというサイトをご覧になったことがあるでしょう…

  2. ワークライフ

    時に、組織では役職やパワーが自然科学を凌駕する

     モノを上から話すと重力に従って落ちますね。 水が冷えると氷…

  3. ワークライフ

    働いている人を徹底的に楽にしよう!

    最近は少なくなりましたが、IT化だとか自働化すると出てくるのが「社員が…

  4. ワークライフ

    ワクワクや驚きがあるというのは、やっぱり強い

     数ヶ月前のPayPay騒動など、様々な会社が様々な決済手段の提供を…

  5. ワークライフ

    同質性がチームワークではない

     最近、たまたまアメリカのメーカーについて調査する機会を得ました。…

  6. ワークライフ

    タスクにかける時間は短いのに、何故か仕事に時間がかかる怪

     効率性を高めるとか、無駄なものを省こうというような運動は昔からやっ…

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. 問題解決

    インフラこそ本当は戦略部門
  2. ワークライフ

    ぱーそなりーすぴーきんぐ?
  3. 問題解決

    「オレIT嫌いやねん」
  4. テクノロジー

    「ご報告」は「視える化」と同じ
  5. テクノロジー

    「RPAで自働化すれば良いじゃん」って本当ですかね?
PAGE TOP