テクノロジー

「無用なデータが多いからデータ収集は無駄」ではない

 とある資料でインターネットを介したデータの流通量にかんする資料がありました。

そのデータによると「流通量は増大しているが、利用量は大して増えていない」というデータでした。

 流通量と利用量の比率でいくと、約15年前だと1:14,000にたいして、今後は1:100,000以上の差が出てくるだろうと予測されています。使っているデータが流れているデータの10万分の1です。

 如何に使われていないデータが多いか分かりますね。

 流通量には様々なデータ含まれますが、何よりも市場の多いのが動画(さらに監視カメラ)が圧倒的に多く、どんどん蓄積される一方です。しかし、人が利用するのはたいして増えていません。

 いくらインターネットが普及し、スマホが普及しようとも、時間は増えません。日本においても海外に於いてもスマホの普及は爆発的普及フェーズから、踊り場フェーズに入ってきているでしょうから、処理量が圧倒的に増えるのはもしかしたら難しいのかもしれません。

 一方、企業においてはどうでしょうか?

企業も同じかもしれません。どんどんデータは蓄積される。しかし、そのデータを利用して何をするかがないと、どうにもなりません。それどころかデータがありすぎて、データの海に溺れてしまうことになりかねません。

 結局は、「何をしようとするのか?」によって必要なデータが決まってくるのですが、残念ながらそれだけでもないんですね。

 「●●をしたい」→「▶▶というデータが必要だ」というのを「仮説アプローチ」と言ったりしますが、実はこれは「想定した範囲内」のことしか分かりません。想定外だらけの変化が激しい中で、果たしてそれだけで対応できるか?

 残念ながら「否」でしょうね。

 仮説アプローチにたいして、探索アプローチというのもあります。

 これは、データありきで現象を見つけることで、これには様々な手法もあり奥深い世界ではあるのですが、結論からいうと「データがあるのは当たり前」であって、その上で「そこから何が言えるのか?」とか「何をしようとしているのか?」という両面からアプローチしないと、変化の激しい状態では対応しきれないということでもあります。

 よく「うちの会社はデータはあるけども利用されていない」というのは、改善や分析のためのアプローチがされていないか、アプローチの仕方を間違えている可能性が高いと思った方がいいです。あと、データがデジタイズされていないというのもありますね。

 「うちは別に分析はいらない。だからデータ収集は無駄」というのは、採用するのに困らない、頑張っていれば何とかなってきたという時代だったらいいのかもしれませんが、もうそんなことを言っている場合ではないのです。

ピックアップ記事

  1. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました
  2. 求人ページ専用のページを追加しました
  3. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進

関連記事

  1. テクノロジー

    セミナー登壇で感じたこと

     昨日、京都府・公益財団法人 京都産業21さん主催の京都府中小企業応…

  2. テクノロジー

    冷蔵庫の中の材料で何とか作るのも良い料理

    台風19号の被害は大丈夫でしたでしょうか?私たちのお客様でも…

  3. テクノロジー

    手法ありきで考えると、「アジャイル」は単なる「迷走」になる

     「アジャイル」という開発手法がありますが、色んな定義がありますね。…

  4. テクノロジー

    「メールやファイル」という概念すら実はもう古い

     電子メールっていつから皆さんは使われていますか?私はパソコ…

  5. テクノロジー

    「RPAで自働化すれば良いじゃん」って本当ですかね?

     うちの会社でやっているサービスラインではないのですが、元コンサルの…

  6. テクノロジー

    工場というのは、人にそっくり

     工場というのは、人とそっくりな所があります。 というのも、…

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

  1. テクノロジー

    工場というのは、人にそっくり
  2. AIエンジニアリング

    工場ドクター”FORS”を作った理由(その1)
  3. 問題解決

    「もったいない」がコストを増やすパラドックス
  4. IoT

    トラブルはチェックしていないとき限ってに起きる
  5. ワークライフ

    働いている人を徹底的に楽にしよう!
PAGE TOP