テクノロジー

「無用なデータが多いからデータ収集は無駄」ではない

 とある資料でインターネットを介したデータの流通量にかんする資料がありました。

そのデータによると「流通量は増大しているが、利用量は大して増えていない」というデータでした。

 流通量と利用量の比率でいくと、約15年前だと1:14,000にたいして、今後は1:100,000以上の差が出てくるだろうと予測されています。使っているデータが流れているデータの10万分の1です。

 如何に使われていないデータが多いか分かりますね。

 流通量には様々なデータ含まれますが、何よりも市場の多いのが動画(さらに監視カメラ)が圧倒的に多く、どんどん蓄積される一方です。しかし、人が利用するのはたいして増えていません。

 いくらインターネットが普及し、スマホが普及しようとも、時間は増えません。日本においても海外に於いてもスマホの普及は爆発的普及フェーズから、踊り場フェーズに入ってきているでしょうから、処理量が圧倒的に増えるのはもしかしたら難しいのかもしれません。

 一方、企業においてはどうでしょうか?

企業も同じかもしれません。どんどんデータは蓄積される。しかし、そのデータを利用して何をするかがないと、どうにもなりません。それどころかデータがありすぎて、データの海に溺れてしまうことになりかねません。

 結局は、「何をしようとするのか?」によって必要なデータが決まってくるのですが、残念ながらそれだけでもないんですね。

 「●●をしたい」→「▶▶というデータが必要だ」というのを「仮説アプローチ」と言ったりしますが、実はこれは「想定した範囲内」のことしか分かりません。想定外だらけの変化が激しい中で、果たしてそれだけで対応できるか?

 残念ながら「否」でしょうね。

 仮説アプローチにたいして、探索アプローチというのもあります。

 これは、データありきで現象を見つけることで、これには様々な手法もあり奥深い世界ではあるのですが、結論からいうと「データがあるのは当たり前」であって、その上で「そこから何が言えるのか?」とか「何をしようとしているのか?」という両面からアプローチしないと、変化の激しい状態では対応しきれないということでもあります。

 よく「うちの会社はデータはあるけども利用されていない」というのは、改善や分析のためのアプローチがされていないか、アプローチの仕方を間違えている可能性が高いと思った方がいいです。あと、データがデジタイズされていないというのもありますね。

 「うちは別に分析はいらない。だからデータ収集は無駄」というのは、採用するのに困らない、頑張っていれば何とかなってきたという時代だったらいいのかもしれませんが、もうそんなことを言っている場合ではないのです。

ピックアップ記事

  1. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進
  2. 求人ページ専用のページを追加しました
  3. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました

関連記事

  1. テクノロジー

    カードの再発行手続きをしてぞっとした話

     この前あるスポーツクラブのサービスを久しぶりに受けに行きました。そ…

  2. テクノロジー

    AIって勝手に学習するんでしょ?学習の仕方を教える必要はありますけどね。

     AIについての話が出ない日はないくらい、毎日新聞やweb記事に出て…

  3. テクノロジー

    「ご報告」は「視える化」と同じ

    「視える化の効果は?」と言われます。これに答えるのは本当に大変ですよね…

  4. テクノロジー

    標準化って「人の工夫」をないがしろにするんじゃない?

     システム化や高度化、自働化などをしていく過程では必ず「標準化」とい…

  5. テクノロジー

    デジタルに関しては先進国も発展途上国もない

     ちょっと今、東南アジアのある国へ短期の出張に出ています。数…

  6. テクノロジー

    論理と情理

     先日、財務省から新紙幣の発表がありましたね。まぁ、こういう…

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 問題解決

    意外と社内にはゴシップがあふれている
  2. 問題解決

    省人化って本当に効果あるのでしょうか?
  3. blog

    お知らせ

    AIエンジニアリングブログを開設しました
  4. ワークライフ

    手書きの履歴書が必要な理由がどうしても分からないので止めました
  5. IoT

    アナログに把握するためにはデジタルである必要がある
PAGE TOP