ワークライフ

ノウハウを囲い込むとノウハウが溜まらないパラドックス

 みなさん、Githubというサイトをご覧になったことがあるでしょうか?

 まぁ、様々なノウハウが有象無象あります。

何故、ここまでノウハウがオープンになっているのでしょうか?

 昔からオープンソースだとか無料シェアアプリだとか出ていますね。2000年代にフリーミニアムなる言葉が出てきましたが、ここではビジネスモデルの話ではなく、なんで単純にノウハウをオープンにするんだろう?という素朴な疑問です。

 色んな理由があり、色んな研究がなされていますが、私はシンプルに「人は自己承認欲求がある」ということに立脚しているのではないかと思っています。

 例えば、Instagram。昔ありましたね。「なんで一々メシの写真撮るんだ?」というおじさん達の疑問が(笑)今ではおじさん達ですら、普通にスマホでメシの写真を撮ったりしています。

問わず語りにも見えますが、やっぱり反応があると嬉しいんですよ。人の基本です。

 ノウハウの場合も基本同じだと思っています。

 困っている人が何かノウハウないか?と思って、探してヒントになるものに出会ったら、そりゃ嬉しくてもう何らかのフィードバックをするでしょう。いいねボタンでもいいんです。場合によってはコメントなどもあるかもしれません。

 私は、凄い経験や美味しい飯よりも、笑われそうな失敗や体験を上げることが好みです(笑)

閑話休題(どうでもいい話は置いといて)

 そして、反応が多いノウハウには次に質問が集まります。

そして、その質問にはノウハウを開示した人もそうですし、それ以外にそのノウハウを応用した人が回答します。いつの間にか、当初のノウハウがさらに進化したノウハウになるんですね。

 ノウハウがどんどん育つ小さなエコシステムができあがります。

 仮に、このノウハウを個人の中に留めておいたとしましょう。そのエコシステムはできあがるか?

否しょうね。

 会社レベルでもそうかもしれません。もちろん全てのノウハウを出すなんてないでしょうが、開発をしたり何かやろうとする上で外部のチエを使う必要があります。これを一々守秘義務契約結んで、対価の計算をして云々、、とやっていたらスピード感ありません。

 しかし、「クレクレ」ばかりでもノウハウなんて集まりませんね。「あいつは聞いてばかりで貢献しない」という、人の感情である「腹が立つ」という側面が出てきます(笑)

 いやぁ、人間くさい話ですね。

 だから、やっぱり誰かのために、自分が困ったことを解決できたら、可能な限りオープンにすることがさらにノウハウを集めることができるのです。

 個人レベルであればgive & takeよりもgive & giveくらいがちょうど良いのではないかと思います。

 これだけ情報の流れが速く、リーチできるスピードも速い時代。もう「囲い込み」という時代でもないんです。

ピックアップ記事

  1. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進
  2. 求人ページ専用のページを追加しました
  3. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました

関連記事

  1. ワークライフ

    現場走るのは、まさかアピールのためじゃないですよね?

    何かあったときに、とりいそぎ「現場に行ってきます!」レスポンス良く動…

  2. ワークライフ

    意思決定者のみなさーん、あなたは「そのアイデアのターゲット」ではないかもしれませんよ

     先日、会社で若手からある仕組みについて、アニメを用いたプレゼンを受…

  3. ワークライフ

    同質性がチームワークではない

     最近、たまたまアメリカのメーカーについて調査する機会を得ました。…

  4. ワークライフ

    「問題がない」ことこそ問題

    現場ってうまく動いているのは、本当に気持ちいいですよね。問題がないとい…

  5. ワークライフ

    「最近の若者は反応がない」ホンマですかね?

     私も「おじさん」と言われる領域に入ったんでしょうね。「最近…

  6. ワークライフ

    ワクワクや驚きがあるというのは、やっぱり強い

     数ヶ月前のPayPay騒動など、様々な会社が様々な決済手段の提供を…

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. 問題解決

    「仕組み」は作ったときには既に古い
  2. テクノロジー

    ITによる高度化は実は「働き方改革」「コスト削減」対策なのではない
  3. ワークライフ

    専門家が分析して、素人が判断する
  4. blog

    お知らせ

    AIエンジニアリングブログを開設しました
  5. テクノロジー

    内部だから安全ということはない
PAGE TOP