問題解決

過去を否定するから変われない。過去は過去、今は今

 新しいことをやろうとしたり、何かを変えようとした時には「必ず」抵抗があります。

抵抗がないとおかしいと思ってもいいくらい。

 「そうですね!やりましょう」と全員が異口同音に言うと、私は却って疑います(笑)

 だいたいそういうケースは何らかの落とし穴があるようなきがするんです。疑り深いですかね?(笑)

 というのも、新しいことをやろうとしたりする時には何らかの今までやってきたこととの不整合は必ず起きます。

そして、実際に実務を回す人は、その不整合を何とかする大変さを分かっています。

 さらには、今までの仕組みを作り上げてきた人は、時には自分がやってきたことの否定に捉えられるケースもあります。

ちなみに、良い子のサラリーマンは「今まで自分がやってきたことを否定するのか!」なんて真っ向から言う人は殆どいません。

「良いアイデアだと思います。流石ですね。一方で実際に実行をする際には、なかなか変えなくてはいけない所が多々あります。変えるためには、●●だけの工数、さらには▲▲だけのコストがかかります。現段階においてはコストメリットが見いだしにくいので、適切な時期が来たら行うべきではないでしょうか?その方が、効果も非常に高いです。また、他社がまだ取り組んでいませんので、一旦他社が取り組んだ場合も必ず失敗すると思います。我々がその失敗を吸収することでスピーディーに実現可能かと思います」

 という「一見合理的」な発言を受けて、何となく流れてしまいます。

 文書をよく読むと「これは失敗すると思う」というメッセージが巧妙に隠されています。

 妄想でしょうか?(笑)

 ここで言ってはいけない反論があります。「お前はやりたくないのか?」

 決して相手は「やりたくない」とは言いませんし、そもそも言っていません。「いえ、やりたくないわけではないのです。ただ、タイミングの問題なのです」となります。

 メインメッセージは「(今は)やりたくない」です。

 「何で今じゃないのか?」とか「では、いつやるのか?」などその理由を聞くと、これまた色んな理由がでてきて、収拾が付かなくなってしまう泥仕合になりますのであまりオススメしません(笑)

 まぁ、人は基本変えることには、(心理的)抵抗感はおきるものです。

 そこで、変えようとする人がいらついて「今のやり方は古い!」とかやっちゃうんですね。

 もう、泥沼決定です。

 というのも、事実古いとしても過去を否定したところで、過去は戻ってきません。

過去を否定すると、過去頑張ってきた人が「自分がやってきたことは何だったのか」となり、それこそ(意図せず)人格否定や存在否定に捉えられてしまうのです。

 もう、そうなると感情というコントロールしにくい領域の話になってしまい、ロジックもへったくれもないです。

 結局、変えるというのは、過去どうこうではないんです。将来を見越してやろうとうしているに過ぎないんです。

この時間軸のずれというのは、意外とすりあわせができてないことがあるので、注意が必要です。

ピックアップ記事

  1. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました
  2. 求人ページ専用のページを追加しました
  3. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進

関連記事

  1. 問題解決

    意外と社内にはゴシップがあふれている

    これは別に組織内の噂話のお話しではありません。情報には2つあり…

  2. 問題解決

    重箱の 隅をつついて ドヤ顔る そのドヤ顔に 金がかかるとも知らず(字余り)

     ある仕組みを導入すると必ず出てくるのが「滅多に出てこない事象を出し…

  3. 問題解決

    その平均に意味はあるのか?

     先日、金融庁が老後の資産形成についてのレポートを出して見事炎上しま…

  4. 問題解決

    自分の経験だけで語る「うちは特殊」

     何か仕組みを変えると出てくるのが「うちは特殊なので」 私は…

  5. 問題解決

    省人化って本当に効果あるのでしょうか?

    ちょっと刺激的な投げかけかもしれません。「効率化」の文脈で「省…

  6. 問題解決

    貢献意欲「だけ」に支えられる現場は危ない

    日本の工場の現場を見る時に、本当に感心するのが「貢献意欲の高さ」です。…

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. テクノロジー

    デジタルに関しては先進国も発展途上国もない
  2. テクノロジー

    ITによる高度化は実は「働き方改革」「コスト削減」対策なのではない
  3. 問題解決

    「仕組み」は作ったときには既に古い
  4. 問題解決

    インフラこそ本当は戦略部門
  5. ワークライフ

    「俺の若い頃」の苦労をさせることは本当に必要?
PAGE TOP