ワークライフ

求人が殺到している時は個人にとっても実は危険

 先日、あらためて文部科学省の「理工系人材育成戦略」のペーパーを読み直してみたら、見事に18歳人口が減少していました。平成3年がピークらしいのですが、私まさにその平成3年に18歳でした(笑)

 “baby boomer’s baby boomer”(親が第一次ベビーブーム、自分が第二次ベビーブーム)なので、そりゃあもう子どもの数は多かったです。

 子どもの数が多いと言うことは、当然受験戦争のピークですね。競争率は半端ないです。数年前に母校に帰って久しぶりに大学入試の偏差値マップを見ましたが(レイアウトが全く私たちの頃と変わっていなかったのにはビックリしましたが・・・それはさておき)大雑把に中堅校が偏差値が10近く下がっていたのにはビックリしました。

 大学入試で苦労して、就職するころにはバブルが崩壊し、偉くなった頃にはリーマンショックという三段落ちな世代です(笑)

 お陰で、大人の言うことは半分しか聞いていません(笑)

 閑話休題

 で、人口が減っていますね。となると求人倍率は上昇します。就職もいわゆる「売り手市場」になってます。

 ただ、売り手市場というのは、ミスマッチが起きやすいですから、別に大学生が楽なわけではないんですけどね。

 しかし、一方であちこちの会社から「来ませんか?」というお声がけが多いのは事実でしょう。バブル崩壊後なんて、そもそも採用停止という会社も多かったですから。

 あと、さらにIT系の人財も不足していますから、一般的に採用コストも上がっていきます。私は世界レベルからすると、まだ安いとは思っていますが、給与も上がってきています。

 技術者にとっては、いい環境ですね。

 ただし、気を付けておきたいことがあります。

 「その給与アップ分はあなたのバリューなのか?」ということです。

 こういう売り手市場というのは、人を募集する側の競争になりますから、自ずから給与などもアップする傾向にあります。何とか処遇もよくしようとするでしょうね。

 これはこれでいいんです。世の中は競争環境ですから。

 しかし、怖いのはそれは「自分の実力値」と勘違いしてしまうケースです。

 バブル時代を思い起こして見てれば良いのです。

企業が三顧の礼で学生を確保し、高い給与やもの凄い福利厚生で採用したんです。しかし、その時に自分のレベルが高いのだと勘違いして、全く自分に投資をしてこなかった人が続出したんです。

 バブル崩壊後彼らはどうなったか。

 もう、悲惨としか言いようがないです。

 こういうときというのは、勘違いしやすい環境なんですよね。

 厳しい言い方カモしれませんが、自分自身が能力が上がったわけではなく、「相対的に」上がったように見えるだけなんです。だって人が少ないですから競争率が高くなるんです。

 そして、仕事が別の方法で実現できるようになったとき、どうなるか?考えて見るといいかと思います。

ピックアップ記事

  1. 求人ページ専用のページを追加しました
  2. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました
  3. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進

関連記事

  1. ワークライフ

    手書きの履歴書が必要な理由がどうしても分からないので止めました

     先日3月1日に新卒の採用活動(学生から見ると就職活動)が「解禁」さ…

  2. ワークライフ

    タスクにかける時間は短いのに、何故か仕事に時間がかかる怪

     効率性を高めるとか、無駄なものを省こうというような運動は昔からやっ…

  3. ワークライフ

    「完璧」を保身のためにしても保身にはならないパラドックス

     「ITは完璧じゃないと動かない」と言いますが、ホンマですかね?とい…

  4. ワークライフ

    ぱーそなりーすぴーきんぐ?

     昔から使っていつつ、面白い表現だよねと思ったのが「個人的な意見」と…

  5. ワークライフ

    ワクワクや驚きがあるというのは、やっぱり強い

     数ヶ月前のPayPay騒動など、様々な会社が様々な決済手段の提供を…

  6. ワークライフ

    「最近の若者は反応がない」ホンマですかね?

     私も「おじさん」と言われる領域に入ったんでしょうね。「最近…

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

  1. 問題解決

    過去を否定するから変われない。過去は過去、今は今
  2. ワークライフ

    タスクにかける時間は短いのに、何故か仕事に時間がかかる怪
  3. 問題解決

    標準化の落とし穴3
  4. テクノロジー

    仕組みを高度化しても、構造を知らないと仕組みに振り回されてしまう
  5. 問題解決

    ITを入れるのは、組織を変えること同じ
PAGE TOP