問題解決

方針に従っているはずなのに、何故か方針通り行かない謎

「うちの会社は属人化が進みすぎていて、標準化が進んでいない。効率が悪くて仕方が無い」

 「例えば、●●の業務はどうですか?別にこれは他と一緒で良いんじゃないですか?」

 「いや、それはちょっと変わった業務でして、他とは違うんですよ」

 こんな会話を四半世紀前から聞き続けています(笑)

 皆さん仰るんですね

・うちはITを使いこなせていない

・うちは標準化が遅れている

 みんな言っているんだったら、やれば良いじゃんと思うかもしれませんね。

 それができていたら苦労しません(笑)

 個別に言うと「いや、それは●●で」と例外扱いします。

 そして、殆どが例外になるんですね。

 そして、それを無理矢理システム化して、例外だらけのダンジョンのようなシステムができあがります(笑)

 まぁ、これが起きるのにはいくつか理由があるのですが、代表的なものを

・全部標準化か、全てオリジナルか というall or nothingnの前提を持ってしまっている

・こだわるところとこだわらなくても良い所の区別ができていない

・完璧にしないとまずいと思い込んでいる

・(他の人のやり方なんて知らないので)自分のやり方以外に合わせるのは大変

・自分が一所懸命考えてたことが簡単に標準化として「ひとまとめ」にされるのは困る

 こんなところでしょうか(笑)

 ただ、これだけ書くと「みんなアホなんじゃないか?」と思うかもしれませんが、そうではないです。

一人一人すごい秀才ばかりが集まる組織でも沢山おきます。

 別に悪気はないんですよ(だから面倒くさい(笑))

・一つ一つを丁寧にすることに価値を見いだしている(丁寧な仕事は大切です)

・思い入れを持って仕事に真剣に向き合っている(これも大切です)

・いいものを作るには大変な労力がかかる(その通りかもしれません)

 もう、職人みたいに仕事に真剣に向き合う人が多いんですよね。本当に凄いことです。

ただ、これが集団になると時間を掛けた割には、品質が高くないものができあがることだってありうるのです。

 仕事も組織も人の身体みたいなもので、それぞれの機能がうまくバランスしないと全体としてうまくいかないんです。それぞれが頑張りすぎても上手く行かないし、それぞれが腰が引けていてもうまくいかない。

 本当に難しい。だからみんな悩んでいるのかもしれないし、悩むが故に「今までのやり方が安心」となってしまうのかもしれません。

 新しいことをやろうとするのは、本当に大変ですからね。

 あ、思い出しました。

もう一つあります。

・違和感があっても何も言わず、方針に合わせた言動をする

 というのもあるでしょうね(笑)

 「方針に合わせる」って良いことなんですよ。ただ、そこで議論せずにいきなり従おうとするものだから、本当の意図を考えないままいきなり言動に飛んでしまうんですよね。

 分かりやすい例が働き方改革

 いつの間にか残業代削減ツールになってしまっていませんか?

 残業代を減らすことが目的でもなければ、残業を減らすことでもないんです。そりゃぁ、残業代は本当は生産性の問題であり、業務設計や意思決定、合意形成、さらには制度疲労を起こした数々の制度(例えば、一律の勤務時間、一律の雇用方法)の再設計の話なのですが、いつの間にか意図ではない所に行ってしまう。

 こういうのが沢山あるわけです。

 組織とはかくも面倒くさきものなのです。でも、組織でやった方が「時には」大きな力が出るのも事実です。

ピックアップ記事

  1. 求人ページ専用のページを追加しました
  2. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進
  3. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました

関連記事

  1. 問題解決

    人は必要だと思ったら動く。動かないのは必要ないから

    「何故できなかった?」「忙しくて●●ができませんでした」…

  2. 問題解決

    標準化の落とし穴2

    先日、私とCTOが書いた論文が書籍に掲載されました。駄文でも…

  3. 問題解決

    問題は隠したくなる

     いきなりお盆明けから何と言うタイトルかと思うかもしれませんが、御容…

  4. 問題解決

    自分の経験だけで語る「うちは特殊」

     何か仕組みを変えると出てくるのが「うちは特殊なので」 私は…

  5. 問題解決

    反発があるのは当たり前だけど、それを反発する側が言うとかなり危険ですよ。

     新しいことをやろうとすると、必ず反発があるというのは前回申し上げま…

  6. 問題解決

    「もったいない」がコストを増やすパラドックス

    「もったいない」資源の少ない日本で、昔から大切にされた言葉かもしれ…

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

  1. テクノロジー

    「ご報告」は「視える化」と同じ
  2. 問題解決

    その平均に意味はあるのか?
  3. AIエンジニアリング

    工場ドクター”FORS”を作った理由(その2)
  4. 問題解決

    「正解」を求めることが時には「不正解」になるパラドックス
  5. 問題解決

    標準化の落とし穴3
PAGE TOP