問題解決

質を追い求めても質が上がらないパラドックス

 ディープラーニングで画像判定をすることがかなり普及してきましたね。この普及で面白いのが、今までは業務用(もっというと軍事用)からスタートして民生用に降りてきたものが、今は軍事用から民生用に行き、そして業務用に行くというルートが増えてきたような気がするんですよね。

 特にインターネットに親和性の高い技術というのが、そのように感じます。GPSも軍事用をいきなり民生用に転用しましたし、AIもそうですね。インターネット自体もARPAネットからの派生というのは有名な話です。VoIPというインターネットプロトコルに音声を載っける技術も、いきなり民生用(Skypeなどが有名ですね)で爆発的に普及して、後から業務用に広がって行ったというのがあります。

 携帯電話は業務用からスタートしたのでしょうが、スマホになると逆転しています。

 色んな理由があるのかもしれませんが、業務用ともなると「耐久性」とか「安全性」ということが先に立ってしまい、どうしても「押っ取り刀」的な対応になるのではないでしょうか?

 インターネット以前(アメリカは1989年、日本は1995年が一つの区切りでしょうか?)は、軍事用→業務用→民生用とだんだんと安くなっていくスピード感で良かったのかもしれませんが、インターネット後は情報伝達の早さ、技術へのリーチの早さなども相まって、いつの間にか逆転したのではないかと思います。

 業務用というのは、確かに「安全性・確実性・耐久性」が要求されるといいますが、それは「使い方」によるのでしょうが、別にあまりそこまで難しく考えなくても良い、内部的な仕事のものであっても、外部に対する影響と同じように考えてしまうフシがあります。間違えてはいけないという考えだからでしょうか?

 確かに間違えない方がいいのですが、「間違えないようにする」というのは、実は間違いがなくならないんですね。

 だって、人は失敗するから(笑)

 そのために、色んな対策を打ったり、練習をするのかもしれませんが、いかんせん人間は動物。必ずできるなんてありえません。

 間違えちゃいけないと気にしすぎると、余計プレッシャーになって間違えてしまうんです。

 むしろ失敗することを前提として、もしそれが起きた時にどうするか?という方が、実はトラブルが少なかったりするのです。飛行機の安全思想などはそこですね。海外の安全にかんする思想もそのような考え方です。

 まぁ、こういうことを言うと「間違えるとは何事か」とか「間違えることを認めるということか?」「無責任ではないか」という、もう答えようが無い質問を投げかけるケースが多いのですが(特に役所に向けてそうやってしまうケースが多いですし、法律にもそんな間違えて良いなんて書いていません。)

 間違えると何が起きるか。始末書、反省文などの膨大な罰則のような作文大会、糾弾大会が始まります。

 間違えないようにするという強烈なインセンティブは働くかもしれません。が、気を付けないと「何もしない方が安全」「リスクがあるものは他人にさせる」ということが起きかねません。

 これは組織としても不幸極まりない。誰もチャレンジしなくなります。

 むしろ、最初にトラブルも含めた経験を早くしておくことによって、そのトラブル対策であったり、その後のトラブル防止に役立つのですが、「完璧にしなくてはいけない」ということが、経験数の蓄積を少なくしてしまい、結局トラブルシューティングの経験が少なくなって、トラブル対応が後手後手になってしまうというパラドックスに陥ってしまうのです。

 なかなか皮肉なモノです。

ピックアップ記事

  1. 求人ページ専用のページを追加しました
  2. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進
  3. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました

関連記事

  1. 問題解決

    過去を否定するから変われない。過去は過去、今は今

     新しいことをやろうとしたり、何かを変えようとした時には「必ず」抵抗…

  2. 問題解決

    偽装は人の問題なのではなく、そうなる構造が問題

    前回のブログで「報告偽装」について触れました。「偽装」というと…

  3. 問題解決

    重箱の 隅をつついて ドヤ顔る そのドヤ顔に 金がかかるとも知らず(字余り)

     ある仕組みを導入すると必ず出てくるのが「滅多に出てこない事象を出し…

  4. 問題解決

    「もったいない」がコストを増やすパラドックス

    「もったいない」資源の少ない日本で、昔から大切にされた言葉かもしれ…

  5. 問題解決

    省人化って本当に効果あるのでしょうか?

    ちょっと刺激的な投げかけかもしれません。「効率化」の文脈で「省…

  6. 問題解決

    自前主義やスピード低下は規模の大小はあまり関係なかったりする

     とある日本を代表する大手企業が、外部のコンサルティング会社と組んで…

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. ワークライフ

    時に、組織では役職やパワーが自然科学を凌駕する
  2. テクノロジー

    デジタルに関しては先進国も発展途上国もない
  3. ワークライフ

    「最近の若者は反応がない」ホンマですかね?
  4. 問題解決

    アウトソーシングすらできない時代に
  5. テクノロジー

    ITによる高度化は実は「働き方改革」「コスト削減」対策なのではない
PAGE TOP