問題解決

他社事例を探すことは良い場合と悪い場合がある

 昔から営業をしていると、必ずといって聞かれるが「他社さんはどうされているんですか?」という質問。

 何気なく聞いているのでしょうけども、こういう質問にはいくつかのパターンがありますが、まず考えられるのが、競合などの情報を探ろうとしているケース。こういう方はいいですよね。とても意欲的です。といっても、競合のことを簡単に教えるわけ無いんですが(笑)ただ、チャンスをうかがうという意味ではとても素晴らしいです。

 あと、もう一つが「他社事例が有った方が、上を説得しやすい」

 気持ちは分かりますが、これって時々担当者が可哀想になることがあります。

 他社と共通の項目があるのであればいいのですが、差別化要因もへったくれもなく、すぐに「他社はどうなんだ?」聞かれる場合がつらいんです。

 さらに「他社はやってません」となると2つのパターンがあります。

 「本当にないのか?もっと調べろ」と「ないことの証明」を求めるパターン。これを「悪魔の証明」といいます。(ないことは証明できない。あくまでも確率論でしかない)

もう一つは「他社がやっていないのであれば、失敗したらどうするんだ」という、典型的二番手戦略を想定したパターン

 どっちにしろ、これで新しいことなんてできません。

 まぁ、多くは「他社がやっているから自分たちも」というよりも「他社がやっている失敗は自分たちはしたくない」というよかれと思った発言が多いのが現実かと思います。

 と、同時に「うちの会社はチャレンジしないんですよねぇ」というボヤキも同じ人が言ったりするコントも起きたりします。

 そして、このようなコントを若いメンバーが見ています。

そして、チャレンジしたい人達からすると、最初は「難しいなぁ、どうやって乗り越えていけば良いんだろう?」から、だんだんと「あほくさ」という気分に変化していくんですね。

 これは結構危険です。どんどんチャレンジする人が会社からいなくなる。

 ただでさえ、採用が大変なのに、せっかく採用した人達もどんどん辞めていってしまう。残ったとしても、「無駄なので淡々と仕事する」か「いずれチャレンジするチャンスを・・・」と虎視眈々と狙うかのどちらかです。ただ、狙っている間は当然時間が過ぎ去っていくわけです。

 どうせやるなら、楽しくチャレンジできるようにしていきたいものですね。

ピックアップ記事

  1. 求人ページ専用のページを追加しました
  2. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました
  3. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進

関連記事

  1. 問題解決

    質を追い求めても質が上がらないパラドックス

     ディープラーニングで画像判定をすることがかなり普及してきましたね。…

  2. 問題解決

    「そこはボールをすくうように軽く!」ってできたら苦労しません

     「ここで、あれしといて」「OK」 時々ビックリするほどあうんの…

  3. 問題解決

    重箱の 隅をつついて ドヤ顔る そのドヤ顔に 金がかかるとも知らず(字余り)

     ある仕組みを導入すると必ず出てくるのが「滅多に出てこない事象を出し…

  4. 問題解決

    アウトソーシングすらできない時代に

    人員削減をすると、要員が足りないので派遣社員やアウトソーシングという手…

  5. 問題解決

    「仕組み」は作ったときには既に古い

     これはITに限らず、組織における全ての仕組みについてのお話しです。…

  6. 問題解決

    「苦労」は自らするにはいいかもしれないが、他人にさせるものではない

     工場の設備であったり、様々なシステムの操作や構築を自由自在に行うた…

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. 問題解決

    変化に対する抵抗?あるに決まってるでしょ
  2. ワークライフ

    「完璧」を保身のためにしても保身にはならないパラドックス
  3. テクノロジー

    得意分野が違う同士喧嘩しても何も産まれない
  4. 問題解決

    インフラこそ本当は戦略部門
  5. 問題解決

    瑕疵防止の目的は、「瑕疵をなくすこと」ではないという皮肉
PAGE TOP