問題解決

問題は隠したくなる

 いきなりお盆明けから何と言うタイトルかと思うかもしれませんが、御容赦を。

 このブログを書いている中で、本当に暑い中で夏の高校野球が行われています。(今日は休養日ですね)

高校生のフェアプレイにはすがすがしさを感じますね。

 さて、この「フェアプレイ」なんで清々しさを感じるのでしょうか?

 それは「フェアプレイ」の方が珍しいからです(笑)

 相変わらず、元も子もないことを言いますが、普通にやっていたら何とも思わないですよ。

みなさん、水道から水が出たら「うわーすごい!」って思いますかね?思わないでしょう?

 おそらく、断水の時にしか感じません。

 それだけ、周りにありふれているものは人間は感動しないようにできているんです。いわゆる「慣れ」ですね。

 で、そのフェアプレイですが、フェアプレイの方が珍しいということは、当然そうでないことの方が多いわけですね。

 フェアじゃないプレイ。

 嘘をつく

 とか

 問題を隠す

 とか

 言い訳をする

 とか

 他人のせいにする

 とか

 もう、挙げれば切りがありません。

 私は、問題解決をするためには、事実情報がないと問題解決ができないと、何度か申し上げたことがあるかと思いますが、問題が発生した部署であったり、担当者はどうしても問題を隠したくなるわけです。

 いちいち、その「隠したくなる」ことを責め立てたところで何も解決しないんです。

 隠したくなるのは、色々と理由があるのでしょうが、大きくは

 事実を言ったところで問題解決どころか、責められることばかりで何のメリットもない

 これにつきるのではないでしょうか?

 このようなテーマが来た時には、つい組織風土の話になりがちなのですが、それは確かにあります。

 が、組織風土をいきなり変えようとしてもダメなんですね。

 「隠すか、隠さないか」という意思決定をやめさせればいいわけです。

 事実情報をしっかりと把握出来るようにすればいいだけです。可視化の目的は、あくまでも問題解決。

誰かを監視するようなことのために使うとすれば、その会社が問題があるでしょう。

 もし、事実情報を集めることができないとすれば、それは組織信頼の問題と捉えてもいいかもしれません。

ピックアップ記事

  1. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進
  2. 求人ページ専用のページを追加しました
  3. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました

関連記事

  1. 問題解決

    インフラこそ本当は戦略部門

     水、空気、電気 全て、私たちが携わっている工場だけではなく…

  2. 問題解決

    標準化の落とし穴2

    先日、私とCTOが書いた論文が書籍に掲載されました。駄文でも…

  3. 問題解決

    変化に対する抵抗?あるに決まってるでしょ

    新しい技術や仕組みを導入すると、必ずと言っていいほど反発…

  4. 問題解決

    重箱の 隅をつついて ドヤ顔る そのドヤ顔に 金がかかるとも知らず(字余り)

     ある仕組みを導入すると必ず出てくるのが「滅多に出てこない事象を出し…

  5. 問題解決

    「正解」を求めることが時には「不正解」になるパラドックス

     引き続き東南アジアの出張先からブログを書きます。 前回、「…

  6. 問題解決

    変えるというのは、「あほくさ」という感情との戦い(笑)

     もう11月ですね。あと2ヶ月で今年も終わりです。私にとって…

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

  1. 問題解決

    「困っていない」というのは問題が内包されやすい
  2. ワークライフ

    求人が殺到している時は個人にとっても実は危険
  3. 問題解決

    アウトソーシングすらできない時代に
  4. テクノロジー

    手法ありきで考えると、「アジャイル」は単なる「迷走」になる
  5. テクノロジー

    AIって勝手に学習するんでしょ?学習の仕方を教える必要はありますけどね。
PAGE TOP