問題解決

標準化の落とし穴2

先日、私とCTOが書いた論文が書籍に掲載されました。

駄文でも形になるというのは嬉しいものですね。

さて、前回にお話した標準化、「改善しない標準化」以外にも落とし穴が結構あるんですね。

何回かに分けて、よくあるパターンについてお話します。

今回は2つ目

「うちは特別症候群」

 ちょっと言い方が厳しいですかね(笑)

これは、ちょっと分析的な言い方をすると

「共通項目と独自性の区分が上手く行っていない」パターンとも言えます。

業務を進めていく上では、色んな要素技術や手順を組み合わせて行うことが殆どで1から10まで全部独自というのは殆どありません。新しい技術であっても、それを支える周辺技術というのは従前の技術を組み合わせたものが多いのが現実です。

しかし、それらをザックリと捉えて「標準化は難しい」となってしまう。

たとえば、その業務自体が他社と比較した際に、優位性(競争優位性)があるような業務であればまだいいのですが、だいたい「標準化は難しい」という場合は、優位性についての議論すらされていないケースが多いんです。

これが現実。

つまり、ざっくりゼロサムの議論をしてしまうから、こんなことが起きやすいんです。

よくよく見ると、本当に独自性があるものというのは、一部でしかないケースが殆ど。

議論も面倒だし、「うちは特別」と言っている場合は、実態は当該業務に慣れきってしまって、ほかの方法もあまり考える必然性もないし、そもそも他の方法を知らないので「特別」と言い切ってしまうこともあるのです。

あとは、そもそも他社のやり方も含めて、汎用的なやり方をあまり調査もしていないケース。

厳しい言い方かもしれませんが、勉強不足とも言えるかもしれません。

ピックアップ記事

  1. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進
  2. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました
  3. 求人ページ専用のページを追加しました

関連記事

  1. 問題解決

    標準化の落とし穴3

    千葉県の台風被害が予想以上に酷いですね。被害にあった方が早く日常の生…

  2. 問題解決

    質を追い求めても質が上がらないパラドックス

     ディープラーニングで画像判定をすることがかなり普及してきましたね。…

  3. 問題解決

    リセットできないとコストが増える

     システム開発だけに限らず、色んな仕組みを作っていると、長年立つと「…

  4. 問題解決

    「困っていない」というのは問題が内包されやすい

     仕事の効率化をするさいに、業務プロセスの見直しということをしますが…

  5. 問題解決

    「ウチの経営陣は現場を全く分かっていない」にはそうなる構造がある

    前回のブログで、「「上が現場のことが分からない」というのは、そうなる構…

  6. 問題解決

    「完璧」とは実は作り手の保身だったりする

    のっけから一生懸命やっている人に喧嘩を売るようなタイトルですが(笑)…

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

  1. テクノロジー

    「RPAで自働化すれば良いじゃん」って本当ですかね?
  2. ワークライフ

    正しく、間違いがない判断というのは変化を見いだすことは難しい
  3. テクノロジー

    「うちもAI導入しよう!」は意外とバカに出来ない
  4. 問題解決

    「見えてどうするの?」という議論が出てくるのは「見える」レベル感が合っていない
  5. 問題解決

    過去を否定するから変われない。過去は過去、今は今
PAGE TOP