問題解決

標準化の落とし穴6

しばらく続けている「標準化の落とし穴」そろそろ飽きてきたころかもしれません(笑)

今回で一旦最後です。

さて、最後の落とし穴は「声の大きな人が標準になってしまっている」パターン(笑)

なんじゃこりゃと思うかもしれません。

意外と多いのがこのパターンでもあるのです。全体最適を考えているのであればいいのですが、面倒くさいのが、標準化されたプロセスが「声の大きな人はよくできるけども、他の人にとっては難しい」というパターンか、昔取った杵柄よろしく「過去のやり方を出してくる」パターンの2つ。

前者の場合、できるまで習熟する必要がある場合、それを指摘すると「努力が足りない」とか「やり方が悪い」で片付けられてしまうケースが多いんですね。

標準化とは、乱暴な言い方をすると「誰でもできる」ことが重要で、だからこそ「標準」まで昇華させることに意味があるのですが、長年の経験者からすると、「甘い」となってしまう。

これでは人口減少と流動性がますます高まる人財確保には対応できません。

後者の場合はもっとややこしい(笑)

標準化は以前に申し上げた通り「変えやすい」標準化というのも重要ですから、予めメンテナンス性については声の大きな人と握っておく必要があります。ただ、間違えて欲しくないのは、声の大きな人であっても悪気があってやっているわけではないのです(だからこそややこしいのですが(笑))ただ、自分の考えが強く出てしまうだけで、それ故に握りにいく人が少ないので、結果的にフィードバックが少なくなってしまい、いつまでも改善されないというのが現状なのです。

「握りにいきにくい」ということだけは乗り越える必要があります。しかし、声の大きな人は納得すると大きな協力者にも変身します。

是非、そこをうまく利用して欲しいなとも思います。

ピックアップ記事

  1. AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました
  2. スカイディスクと 水処理関連のスマートファクトリー化を促進
  3. 求人ページ専用のページを追加しました

関連記事

  1. 問題解決

    「ウチの経営陣は現場を全く分かっていない」にはそうなる構造がある

    前回のブログで、「「上が現場のことが分からない」というのは、そうなる構…

  2. 問題解決

    「見えてどうするの?」という議論が出てくるのは「見える」レベル感が合っていない

     可視化の議論をする際に、必ずと言っていいほど出てくるのが「見えてど…

  3. 問題解決

    省人化って本当に効果あるのでしょうか?

    ちょっと刺激的な投げかけかもしれません。「効率化」の文脈で「省…

  4. 問題解決

    「仕組み」は作ったときには既に古い

     これはITに限らず、組織における全ての仕組みについてのお話しです。…

  5. 問題解決

    「もったいない」がコストを増やすパラドックス

    「もったいない」資源の少ない日本で、昔から大切にされた言葉かもしれ…

  6. 問題解決

    意外と社内にはゴシップがあふれている

    これは別に組織内の噂話のお話しではありません。情報には2つあり…

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

  1. テクノロジー

    「業務→IT」ではない「業務=IT」です
  2. AIエンジニアリング

    お知らせ

    AIエンジニアリングのWebサイトが公開になりました
  3. ワークライフ

    同質性がチームワークではない
  4. 問題解決

    インフラこそ本当は戦略部門
  5. テクノロジー

    効率的な仕組みも普及すると非効率になる怪
PAGE TOP