問題解決

  1. 「オレIT嫌いやねん」

     「オレ、IT苦手やねん」 「ITって嫌い」まぁ、昔からよく聞きます。1990年代だったら「別にいいんじゃないですか、得意な人に任せれ…

  2. 自分の経験だけで語る「うちは特殊」

     何か仕組みを変えると出てくるのが「うちは特殊なので」 私はは問題意識があるお客様に恵まれているからでしょうか、その言葉も最近あまり聞かなくなりました…

  3. 重箱の 隅をつついて ドヤ顔る そのドヤ顔に 金がかかるとも知らず(字余り)

     ある仕組みを導入すると必ず出てくるのが「滅多に出てこない事象を出して、こういう場合どうするのか?」という突っ込み。 その事象を経験した人が少ない場合…

  4. 1週間も続ければ「伝統」になる?

     私たちは「システム化」と言わずにあえて「高度化」なる言葉を使って表現するのが多いのですが、このような高度化を進めるに当たって、誤解されてしまうこともままあり…

  5. 「苦労」は自らするにはいいかもしれないが、他人にさせるものではない

     工場の設備であったり、様々なシステムの操作や構築を自由自在に行うためには必ず「学習」というプロセスを通って行われます。 シンプルに言うと「使い方を学…

  6. 「仕組み」は作ったときには既に古い

     これはITに限らず、組織における全ての仕組みについてのお話しです。 組織は大雑把に言って「仕組み」と「運用」のバランスが必要です。仕組みだらけにな…

  7. 「完璧」とは実は作り手の保身だったりする

    のっけから一生懸命やっている人に喧嘩を売るようなタイトルですが(笑)私は一生懸命やっていることは、大変素晴らしいことだと思っています。一生懸命とはあ…

  8. 「もったいない」がコストを増やすパラドックス

    「もったいない」資源の少ない日本で、昔から大切にされた言葉かもしれません。資源を大切にする、浪費しないという観点からみると、とってもいいことですね。…

  9. 意外と社内にはゴシップがあふれている

    これは別に組織内の噂話のお話しではありません。情報には2つあります。事実 と 解釈解釈というのは、何らかの情報を基に導き出される情報なの…

  10. アウトソーシングすらできない時代に

    人員削減をすると、要員が足りないので派遣社員やアウトソーシングという手段を選ぶことは、90年代から普及してきました。よく「人が足りない」と言いますが、マ…

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近の記事

  1. 問題解決

    自分の経験だけで語る「うちは特殊」
  2. ワークライフ

    働いている人を徹底的に楽にしよう!
  3. 問題解決

    重箱の 隅をつついて ドヤ顔る そのドヤ顔に 金がかかるとも知らず(字余り)
  4. お知らせ

    求人ページ専用のページを追加しました
  5. ワークライフ

    ホウレンソウはタダじゃない
PAGE TOP