BLOG ブログ

ITを作る時も「頭の中での動画イメージ」は大切

 YouTubeって面白いですね。最近よくみます。

 昔に比べたら動画やコンテンツのレベルが上がったようにも感じています。やはり、YouTuberと言われる方が切磋琢磨しているからでしょうか?彼らは様々な動画を出して、アクセス数に応じた広告費用などで収入を得ているわけで、それが本業の方もいらっしゃいます。最初「凄いな」と思いましたが、別にこの概念は新しいものでも何でも無く、昔からそういうビジネスはあるんですよね。

 お客さまに沢山集まって貰って、その観た量に応じて費用を貰うのは、古くは書籍がそうですし、映画、TVもそうです。それがたまたま法人がベースとなってやっているに過ぎず、今は個人が参入しやすいプラットフォームができたに過ぎません。

 観る人を引き寄せるような映像の内容じゃないと根本的にどうにもなりませんが(Core Valueですね)、さらに上手いなと思うYouTuberは、映像の作り方も上手いんですね。

 映像の作り方というのは、もちろん様々なテクニックもあるかもしれませんが、テクニック「だけ」では引き寄せ続けることは不可能です。私も仕事で動画編集をやってきましたが、動画編集ソフトには本当に様々な効果機能(エフェクトといいます)がありますが、これを多様しすぎると、観る側は観にくくなるんですね。

 では、「いい映像」って何か?をみていると、共通しているのが「相手からどう見えているのか?」ということをかなり意識していること。当たり前ですが、お客さまの反応をみながら、対話するように撮影をしているんですよね。

 相手の反応も全く関係なく自分のやりたいことだけを流しているのもあります。私はこれはこれで「アリ」だと思います。

何故ならYouTubeなんて別に作ってアップするのは自由なんですよ。だから独りよがりだろうと何でもアリなわけです。

 しかし、これをビジネスにしようとすると、そうもいきませんわね。やっぱり共感して貰う人を集めないといけないわけですから、「観る側の視点」は必ず確認をしないと、いつの間にか自分の都合になってしまいます。

 これって、ITを構築していく時も同じです。

 作ったものを、ユーザーの視点でみてみるんですね。私は作る時と、ユーザ視点で使う時は端末も画面も場面も変えて見るようにしています。開発環境というのはややもするとハイスペックであったりしますし、画面も大きい環境でやっていたりします。

 しかし、使う側というのは必ずしもそういうスペックがあるとも限らない。だから、敢えて小さいスマホでみてみたり、スペックが低いPCで確認することもあります。

 例えば、ウェブ会議を主催する時も同じ。相手からどのように見えるのかを確認するため、敢えて別アカウントでモニタリングしながらアクセスすることあります。

 そうじゃないと、ツールや環境が邪魔をして、せっかくの良い点をスポイルしてしまうんですよね。

 テクノロジーが進化して、多くの人が利用しているからこそ、人がどう感じるのか?ということをよく見ること、モニタリングすることが大切だととみに思います。

 どんなにテクノロジーの進化したところで、フロントエンドは結局人ですからね。