過去の記事一覧

  1. 問題解決

    「見えてどうするの?」という議論が出てくるのは「見える」レベル感が合っていない

     可視化の議論をする際に、必ずと言っていいほど出てくるのが「見えてどうするの?」という問いかけ。いや、その通りなんです。だって投資には必ずリターンが要…

  2. 問題解決

    反発があるのは当たり前だけど、それを反発する側が言うとかなり危険ですよ。

     新しいことをやろうとすると、必ず反発があるというのは前回申し上げましたが、実は「反発があることが当たり前」というのは、企画者側や変革を起こす側が考えるべきこ…

  3. 問題解決

    変化に対する抵抗?あるに決まってるでしょ

    新しい技術や仕組みを導入すると、必ずと言っていいほど反発や抵抗は起きます。・使いにくい・面倒くさい・分からない 色…

  4. テクノロジー

    カードの再発行手続きをしてぞっとした話

     この前あるスポーツクラブのサービスを久しぶりに受けに行きました。その時に、会員証を紛失してしまい、再発行手続きを行う手続きをしました。発行手数料をきっちりと…

  5. 問題解決

    人を増やすともっと忙しくなる怪

    人を採用するのがどんどん大変になってきているのですが、やはりビジネスを成長させていく上で、採用というのはとても重要な手段の一つです。 バブル崩…

  6. テクノロジー

    人は必ずミスをする

     令和初めてのブログです。お読みの方々はお休み取れましたでしょうか?「日本人は休まない」と言いますが、もうそういうのは既に「24時間戦えますか?」とい…

  7. テクノロジー

    平成最後に思うこと

    次回まで ゴールデンウィークを挟むので、平成最後のブログになります。私は昭和生まれですが、昭和は64年、平成が31年、次は令和。まさか3つの元号を跨が…

  8. テクノロジー

    「無用なデータが多いからデータ収集は無駄」ではない

     とある資料でインターネットを介したデータの流通量にかんする資料がありました。そのデータによると「流通量は増大しているが、利用量は大して増えていない」…

  9. 問題解決

    進化を止める「薮蛇」と「悪魔の証明」

     新しいことを社内で実行するとしましょう。おそらく、何らかのカタチで稟議であったり相談することがあると思います。これは組織の中では重要な営みな…

  10. テクノロジー

    手法ありきで考えると、「アジャイル」は単なる「迷走」になる

     「アジャイル」という開発手法がありますが、色んな定義がありますね。一つの指標としては「スコープ:何を作るか 時間:どれだけの時間をかけるか コスト:どれだけ…

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. AIエンジニアリング
  1. ワークライフ

    「俺の若い頃」の苦労をさせることは本当に必要?
  2. ワークライフ

    ノウハウを囲い込むとノウハウが溜まらないパラドックス
  3. ワークライフ

    ワクワクや驚きがあるというのは、やっぱり強い
  4. IoT

    効果が見えないから意思決定できずに、見えないコストが増えるパラドックス
  5. ワークライフ

    時に、組織では役職やパワーが自然科学を凌駕する
PAGE TOP